浮気調査を探偵や興信所に依頼する前に、自分でできることがあります。

浮気調査の目的

浮気調査の目的は、言うまでも無く配偶者の浮気の証明です。浮気の証明をしなくてはならないのは、浮気をした本人ではなく、配偶者の方です。離婚裁判でも慰謝料請求の場合でも、相手が浮気をしたという客観的証拠が求められます。

浮気をした人が、浮気を自ら認めることは期待できません。本人が自白した場合は、録音や書面を作成しておけば有力な証拠になる場合もありますが、自白だけでは、「あの時は、ああ言わなければ収まらなかった。わたしは浮気をしていない。」と言い逃れられる可能性があります。

決定的な証拠がないと、「浮気=不貞行為」とは認められず、単に「婚姻を継続し難い事由」として裁判所では片付けられてしまいますので、慰謝料は取れません。

そのため、浮気調査では、客観的証拠を揃える必要があるのです。





自分 浮気調査


浮気を疑ったら、まず自分で調査・証拠集めをしましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。