浮気調査を探偵や興信所に依頼する前に、自分でできることがあります。

浮気調査をする前に〜浮気は犯罪か?

浮気を法律的にみることは、賠償を請求する場合に重要です。浮気調査をするときにも、賠償請求が可能な証拠を集めなくてはなりません。

法律的には、結婚(婚姻)は男女間の契約とみなします。民法752条には、「夫婦の同居義務と扶助義務」があり、「夫婦は同居し、お互いに協力し、扶助しあわなければならない。」と記載されています。

この中には、「夫婦には貞操の義務があり、配偶者が自由な意思によって配偶者以外の者と性行為を行ってはならない。」という事も含まれているので、浮気をすると婚姻の契約違反になります。

したがって浮気をされた配偶者は、相手に離婚請求ができます。一方、浮気をした方は、離婚の意思があっても離婚請求をする事が許されません。同時に、浮気は不法行為(民709条、民法710条)に当たりますから、精神的な損害賠償の対象にもなります。





自分 浮気調査


浮気を疑ったら、まず自分で調査・証拠集めをしましょう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。